安心レーシックネットワークの施設で治療を受けられた
患者様の声をご紹介します。

受診から手術まで4か月かかりましたが
快適な裸眼生活が実現しました

S.M. 29歳 女性

コンタクトレンズを使用していましたが、夕方になるとゴロゴロと痛み、充血もひどく、かといってメガネはわずらわしく、レーシックを受けたいと思いました。
知人に相談したところ、安心レーシックネットワークのことを聞き、ネットワークの施設を受診しました。診察後、私はドライアイが強く、角膜にも傷があるとのことで、ドライアイの治療をしてからレーシックを受けることになりました。涙点プラグという小さな栓のようなものを目頭にある穴に入れて、涙をためる治療をしました。そして、私は角膜が薄いのでレーシックもできなくはないが「PRK」という方法のほうがよいということで、PRKという手術を受けることにしました。これは両方の目を一度に手術できないので、片方ずつになりました。すぐにレーシックを受けられると思ってクリニックに行ったので、手術方法もかわり少しショックでした。思ったよりも時間がかかり、結局、最初に受診してから手術まで4か月くらいかかりました。そして、手術後も、目標にしていた視力が出るまで1か月かかりましたが、事前に説明を受けていたので不安はありませんでした。やっと念願の裸眼で快適な生活を送れるようになりました。
仕事で出張することも多いのですが、コンタクトレンズ用品やメガネを持ち歩かなくてすむようになり、身軽になりました。お化粧もしやすくなりました。
丁寧に治療をしていただいて、説明もしていただけたので、安心レーシックネットワークの施設で受けてよかったと思います。今もドライアイの目薬を処方していただきに定期的にクリニックに通っています。コンタクトレンズをしながら市販の目薬をたくさんつけていたころより、目薬の量が減り、目の状態も快適です。充血したり、ゴロゴロしたり、痛むことがなくなりました。レーシックを受けて本当によかったと思います。

お問い合わせ 安心LASIKネットワーク事務局

TEL:03-5775-6070

PAGE TOP