眼科の最新の話題、レーシックに関する役立つ知識など、
安心レーシックネットワークの眼科医による
フリーコラムです。

LASIK術後11年 

大塚眼科クリニック 大塚宏之

川崎で開業している大塚です。初めてのコラムなので何を書こうかと思いましたが、私のレーシック経験談にさせていただきます。実は私も近視でしたが、年齢的に老眼が出ることを考えてレーシックは自分には必要ないと思っていたのですが、レーシック後の患者さんの術後満足度がとても高く、あまりにも嬉しそうにしているのを見て、自分も受けたくなってしまったのでした。そして、私にLASIKを教えてくださった上野の吉野眼科の吉野健一先生に執刀をお願いしました。
術後しばらく、光がにじんだりまぶしく見えるハロー・グレアがありましたが、特に日常生活に支障はありませんでした。今でもメガネ・コンタクトレンズから開放された事に感謝です。私は眼科医で手術もしていましたので、手元の細かい作業が楽にできるように屈折矯正の目標を0.9にしました。なので今でも老眼鏡無しで手術を行っております。ゴルフで間違ってドライバーがあたってしまうと、自分のボールがよく見えないのがちょっと残念ですが、このあたりをよくご相談して年齢やライフスタイルに合った視力の目標設定をすることがとても重要です。
術後10 年も経つと自分がコンタクトレンズをしていた事を忘れてしまいます。たしかに術前に不安があることはよくわかります。よ~く担当の先生にご相談ください。レーシックはとてもすばらしい手術だと思います。たくさんの近視、乱視の患者様に裸眼視力を感動してもらえると幸です。

2018年4月1日

お問い合わせ 安心LASIKネットワーク事務局

TEL:03-5775-6070

PAGE TOP