レーシック手術は白内障や緑内障の手術に影響がある?注意点を知ろう

レーシックの手術を受けた後に行う白内障・緑内障の手術について解説します。

視力の矯正手術であるレーシックは角膜を削るため、白内障や緑内障になったときに手術や治療を行う上で何かしらの影響がないか不安に思う人もいるでしょう。

白内障も緑内障も自然治癒が望めない病気なので、放置するとどんどん症状が進行していきますから治療が必要です。

 

今回は、白内障と緑内障の仕組みや症状も合わせ、レーシック術後に手術ができるかなどの影響について知っていきましょう。

 

 

レーシック手術の対象年齢

レーシック手術には、手術を受けられる年齢制限があることをご存じですか?

40歳以上の場合は、老眼を考慮に入れなくてはならないため、医師と十分にカウンセリングを行う必要があります。

詳しくはこちらの記事でご紹介していますので、ぜひご覧ください。

レーシックの対象年齢について徹底解説!白内障や緑内障との関係も

 

 

白内障の仕組み

白内障は水晶体に含まれるたんぱく質が変性することで白く濁り、視力が低下する病気です。

水晶体とはカメラのレンズの役割に相当する器官で、目に入る光を集めることで映像のピントを合わせる働きがあります。

正常な水晶体は透明で光をよく通しますが、白内障で白く濁ると集めた光が通りにくくなり、眼底まで光が届かなくなるためさまざまな症状を引き起こします。

代表的な症状に目がかすむ、ぼやけて見えにくいなどが挙げられますが、それだけでは白内障と気付かない人もいるでしょう。

白内障の症状は水晶体の濁り方で変わるため、人によりさまざまです。

上記の症状の他にも、光がまぶしい、明るい場所と暗い場所で見え方に差がある、などの症状があれば白内障の可能性があります。

 

 

レーシック手術を受けると白内障手術に影響を及ぼすか

レーシック手術を受けても、白内障の手術は可能であり影響はありません。

レーシックをしていると白内障手術ができない、手術ができても難しいなど影響があるような情報がありますが、これは術後の度数ズレが原因とされています。

レーシックの術後は角膜の形が変化するため、これまでは白内障手術で眼内に入れるレンズの計算で誤差が出やすい難点がありました。

現在ではレーシック後の角膜に合った計算方式が開発されたことで度数ズレがほぼ起こらず、レーシックをしていない目との差がないほど精度が上がっています。

そのため、レーシックを受けていても普通の目と同様に白内障の手術ができます。

 

ですが、一般的な眼科ではレーシックを受けた人の白内障手術のハードルは高く、白内障で用いる眼内レンズの種類によっては受けられないケースも。

したがって、レーシックを取り入れている病院や、レーシック手術を受けた病院で白内障手術を受けるほうがより安心です。

 

 

緑内障の仕組み

緑内障は視神経に障害が起こる病気で、視野が狭くなる、部分的に見えなくなるなどの症状が特徴です。

視神経は視神経線維と呼ばれる細い神経の束で、障害を起こすと視神経線維の数が減り、脳へ正しい情報が伝わらなくなります。

視神経に障害を起こす原因はいくつかありますが、なかでも眼圧の上昇が挙げられます。

緑内障の進行を抑えるため眼圧をコントロールする点眼治療もありますが、一般的な治療としてレーザー手術が挙げられます。

緑内障により失った視力は回復できないため、進行を抑える治療が必要ですが、ある程度進行するまでは気付かないのが緑内障の難点です。

近視の強い人は緑内障になりやすいため、年に一度の定期検査が大切です。

 

 

レーシック手術を受けると緑内障診断に影響を及ぼすか

レーシックの手術を受けても緑内障の手術は可能であり、影響もありませんが注意が必要です。

眼圧の測定値は角膜の厚さに依存し、角膜が厚いと高く、角膜が薄いと低く測定されます。

眼圧が要となる緑内障ですが、レーシックの手術後は角膜が薄くなるため、本来より低い数値が表示される可能性があり、状況が過小評価されてしまうリスクがあります。

緑内障の進行速度は比較的ゆっくりですが、視野は回復できないため早期発見が大切な病気です。

レーシックを受けた後では正確な数値が測れずに緑内障を見逃してしまうこともあるので、定期健診やセルフチェックを行いましょう。

最近では角膜の厚さで眼圧が自動補正される眼圧測定機器が開発されています。

 

 

打ち合せを入念に行い安心して手術に挑もう

いかがでしたでしょうか?

この記事を読んでいただくことで、レーシック後の白内障と緑内障の手術をする上での影響についてご理解いただけたと思います。

これらの手術を受ける場合は、レーシックを受けていることを予め医師に伝えましょう。

 

 

 

 

安心LASIKネットワークでは、レーシックを安心して受けていただけるよう、眼科専門医による正しい情報を発信しています。

また、安心してレーシックを受けていただける全国の大学病院・眼科クリニックは下記でご紹介しています。

詳しくはこちらをご覧ください。

安心LASIKネットワーク

関連記事

レーシック後のコンタクトレンズ装着は可能?知っておきたい注意点

レーシックでパイロットになれる?レーシック向きの職業とは?

レーシックで治せる度数の限界は?強度近視とレーシックについて

お問い合わせ 安心LASIKネットワーク事務局

TEL:03-6456-4018

サイトマップ本サイトについて

PAGE TOP