レーシックで老眼は治療できる!知っておきたい手術の概要

老眼は加齢による自然な目の老化現象で、一般的に40代を目安に自覚するようになる症状です。

老眼が進むと手元が見えにくくなり、細かな作業に支障をきたすようになります。

従来は、老眼の外科的治療法が確立しておらず、老眼鏡をかけるしかありませんでしたが、近年はモノビジョンレーシックや、老眼用フェイキックIOL、カメラインレー、多焦点IOLなどさまざまな治療法が開発されたことで、老眼も治療できるようになりました。

今回は、そんな老眼の治療法の中でモノビジョンレーシックを取り上げ、その概要をご紹介します。

最近老眼を自覚し始めたが、老眼鏡をかけるには抵抗がある人や、改善のために手術を受けたいと考えている人は、ぜひ参考にしてください。

 

老眼とは?

 

老眼とは、加齢にともなって手元の小さな文字やものが見えにくくなる症状を指します。

老眼で現れる症状は以下のとおりです。

 

老眼で表れる症状

・新聞や本の文字が見えにくくなる

・近くのものを見るとき、ピントが合いにくい

・パソコンを使った後など、以前より目が疲れやすくなる

・スマホの画面を見るとき、手を伸ばし遠ざけて見ている

・頭痛や肩こりが治りにくい

・暗い場所では近くのものが見えにくい

 

以上が老眼で表れる症状です。

老眼は、腕や足の筋力が衰えるのと同じように、誰にでもいずれ訪れる目の老化現象です。

ただし遠視や近視の有無、矯正方法などによって、見えづらさや老眼を自覚する時期に個人差が出ます。

 

 

 

老眼が起きる仕組みとは?

 

目にある部位の中でも、老眼に特に関わるのは水晶体と毛様体筋(もうようたいきん)と呼ばれる部位です。

水晶体はカメラのレンズのような役割をしている部位で、毛様体筋は水晶体の厚さを調節してピントを合わせます。

毛様体筋は、水晶体を緩めたり引っぱったりして厚さを変えることによって、ピントをコントロールします。

しかし、加齢にともなって水晶体が硬くなって弾力を失うと、毛様体筋が緊張しても水晶体の厚みが変わりません。

そのため、近くのものにピントが合わず、ぼやけて見えてしまうのです。

老眼とは、老化によって起こる水晶体の調節異常です。

 

 

 

老眼の治療法とは?

 

以前は治療が難しいとされていた老眼ですが、近年はさまざまな治療方法が登場しています。

モノビジョンレーシックもそのひとつです。

そもそもレーシックとは、レーザーで角膜を削り屈折力を変化させることによって、屈折異常を矯正する手術方法をです。

モノビジョンレーシックは、片眼を遠くに、もう片眼は近くが見やすいように屈折を調整し、左右の視力に差をつけて仕上げ、両眼で見た時に遠くも近くも見えるように合わせるレーシックです。

ただモノビジョンレーシックは、合う方と合わない方がいらっしゃるため、実際の生活で問題がないか、コンタクトレンズ等で事前に十分シミュレーションを行ってから決定されることをおすすめいたします。

 

では、レーシック手術がそもそもできない人とは、どのような人でしょうか?

こちらのページでは、レーシック手術の向き不向きに関してご説明しています。ぜひご覧ください。

レーシックができない人って?手術の向き・不向きを知ろう

 

老眼は治療できる!信頼できる病院を選ぼう

 

いかがでしたでしょうか。

この記事を読んでいただくことで、レーシックでの老眼治療についてご理解いただけたと思います。

メリットの多いレーシックですが、矯正にも限度があり、リスクがゼロとは言い切れません。

レーシックのメリットとデメリットをよく理解したうえで、眼科専門医のもとで安心して治療や手術を受けられる病院を選びましょう。

 

 

 

安心LASIKネットワークでは、レーシックを安心して受けていただけるよう、眼科専門医による正しい情報を発信しています。詳しくはこちらをご覧ください。

安心LASIKネットワーク

 

 

 

関連記事

レーシック手術とは?メリットデメリットも把握しよう

レーシックができない人って?手術の向き・不向きを知ろう

レーシック手術は保険の適用対象になる?医療費控除についても確認

お問い合わせ 安心LASIKネットワーク事務局

TEL:03-6456-4018

サイトマップ本サイトについて

PAGE TOP