レーシックの対象年齢について徹底解説!白内障や緑内障との関係も

レーザーを当てることで角膜のカーブを変えて近視を矯正し、メガネやコンタクトを装着する煩わしさから解放してくれるレーシック。

芸能人やスポーツ選手が手術を受けたという情報を耳にして気になる方も多いのではないでしょうか。

そんな便利なレーシックも、受けられる条件やリスクなどの情報をしっかり知らないうちは不安ですよね。

 

ここでは、レーシックの対象年齢についてまとめました。

また、レーシックによる老眼治療が可能なのか、将来かかり得る目の病気とレーシックの関係はどうなのかなど、気になるポイントについても詳しく解説していきます。

レーシックを検討中の方は、ぜひ目を通してみてください。

 

 

レーシックの対象年齢

レーシックの対象年齢について詳しく見ていきましょう。

 

レーシックができる年齢の下限

レーシックを受けるにはいくつかの条件があり、そこには年齢も含まれます。

日本眼科学会のガイドラインにおけるレーシックの対象年齢は、18歳以上です。

なぜ18歳未満は手術ができないのでしょうか。 ポイントとなるのは、体の成長です。

体が成長途中にあるときは眼球もまだ成長しており、角膜のカーブや眼球のサイズなどの変化などにより近視が進む可能性があります。

近視の進行は20歳代前半までとされているため、待てるのであれば20歳以上で受けることが望ましいでしょう。

 

レーシックはその時点での視力の矯正する手術であって、近視の進行を止める効果はありません。

そのため、どの時点で近視を治すのが望ましいのかをよく検討する必要があります。

 

レーシックができる年齢の上限

年齢の上限は決められていませんが、40歳以上の場合は老眼との関係を考慮する必要があります。

レーシックのメリットは、近視を矯正することでメガネやコンタクトを使用せずに生活できることです。

しかし、近視があり老眼も始まっている方が遠くを見えるようにするためにレーシックを希望する場合、老眼は残っているためそのメリットを十分に感じられない可能性があります。

つまり、メガネやコンタクトを装着する煩わしさから解放されたいという理由でレーシックを受けるのであれば、手術後の見え方やメガネの必要性などについて一度考えてみる必要があると言えます。

 

 

レーシックでの老眼治療について

レーシックで、老眼治療ができるか気になる方もいることでしょう。 レーシックでの老眼治療について以下にまとめました。

 

老眼治療ができるかできないか

まずは、老眼とはどのようなものなのか見ていきましょう。

 

老眼とは

老眼は、目のレンズの厚みを調節している筋肉が衰えたり、レンズが硬くなったりすることで起こります。

主に40代半ば頃から調節力が衰えて「近くのものが見えにくい」という症状が出始め、60歳前後ではその調節力がほとんど失われます。

 

レーシックで老眼治療はできるのか

低下した目の調節力そのものを回復させられる手術は、残念ながらありません。

しかしながら、レーシックで老眼の見え方を改善させるモノビジョンレーシックという方法があります。

モノビジョンレーシックは、両目の視力に差をつけてトータルで見えるようにする老眼治療であり、片方は遠くを、もう片方は近くを見えやすいように仕上げます。

手術後3ヶ月くらいは、見え方に違和感があるかもしれません。

しかし、異なる見え方に脳が慣れてひとつの映像として認識するようになれば、遠くも近くも見えるようになるため、メガネをほとんどかけることなく生活できます。

 

レーシックによる老眼治療の注意点

レーシックによる老眼治療、モノビジョンレーシックで注意したいのは、夜間に光がにじんだように見えるハロという合併症が出やすいとされていることです。

夜間運転する機会が多い場合にはレーシックによる老眼治療はおすすめできません。

また、レーシックで老眼治療をしたあとも、老眼は進みます。 自分の年齢やライフスタイルと合わせて手術するかどうかを検討してください。

 

白内障緑内障との関係

老眼治療が可能なレーシックですが、白内障や緑内障との関係はどうなっているのでしょうか。

 

白内障とは

白内障は、レンズの役割を果たす水晶体が白く濁る病気です。

症状は、すりガラスを通しているような状態となり白くかすんで見えにくい、光を眩しいと感じるなどです。

軽度であれば日常生活にそれほど影響はありませんが、症状が進むとその影響は大きく、日常生活を送るのが困難となるケースも。

白内障手術では、濁った水晶体を摘出して人工水晶体(眼内レンズ)に置き換えます。 眼内レンズは、それぞれの眼球サイズやカーブに合ったものを使用します。

 

レーシック後の白内障手術について

レーシックを受けたあとの白内障手術は、基本的には可能です。

レーシックにより削られた角膜は本来の形とは変化が生じているため、変化まで考慮して選んだ眼内レンズを入れる必要があります。

精細な計算が必要となるため、レーシックに詳しい病院を選んで白内障手術を受けることをおすすめします。

その際、レーシックを受ける前のデータがあればなお良いでしょう。

 

白内障手術後のレーシックについて

眼内レンズはある程度目標とする視力を決められますが、近視や乱視が強い場合においては視力矯正が難しいケースもあります。

また、しっかり計算して選んだ眼内レンズでも、誤差が生じる可能性もないわけではありません。

白内障手術で視力が予定どおりに回復しないという場合には、レーシックにより視力を矯正することが可能です。

 

緑内障とは

緑内障は、眼圧の上昇により視神経が圧迫されることで視野に障害が生じる病気です。

眼圧というのは、わかりやすく言えば眼球の硬さのこと。

40歳以上では、20人に1人が発症する病気で、視界が少しずつ狭くなります。

緑内障手術では、上昇した眼圧を下げることを目的とし、レーザーや切開により眼球内を満たす房水が外に出やすくなるようにします。

 

緑内障手術前後のレーシックについて

レーシックは、手術の過程で短時間ですが眼球に強い圧力がかかり、その際に眼圧が上がります。

したがって、もともと視神経の弱い中等度異常の緑内障の方は、短時間での眼圧上昇も視神経に負担がかかりますので、レーシックをおすすめいたしません。

また、緑内障が軽度だったり、進行が止まっていれば、レーシックを受けられるケースもありますが、病院でしっかりと説明を聞いて医師とよく相談する必要があります。

 

また、こちらの記事でも、レーシック手術と白内障・緑内障について詳しく解説しています。

ぜひご覧ください。

レーシック手術は白内障や緑内障の手術に影響がある?注意点を知ろう

 

 

レーシックを受けるときは信頼できる病院を選ぼう

いかがでしたでしょうか?

この記事を読んでいただくことでレーシックの対象年齢や病気との関係がご理解いただけたと思います。

レーシックを安心して受けるために、信頼できる病院を選びましょう。

 

 

 

 

安心LASIKネットワークでは、レーシックを安心して受けていただけるよう、眼科専門医による正しい情報を発信しています。

また、安心してレーシックを受けていただける全国の大学病院・眼科クリニックは下記でご紹介しています。

詳しくはこちらをご覧ください。

安心LASIKネットワーク

関連記事

レーシックでパイロットになれる?レーシック向きの職業とは?

レーシック手術後のハロやグレアとは?原因から予防まで詳しく解説

レーシックの仕組みとは?手術手順や機材を知って安心な病院選びを

お問い合わせ 安心LASIKネットワーク事務局

TEL:03-6456-4018

サイトマップ本サイトについて

PAGE TOP