レーシック後のコンタクトレンズ装着は可能?注意点も紹介

角膜をレーザーで削り、視力を回復させる手術であるレーシック。

入院などの必要がないことから、比較的身近な手術のひとつです。

そんなレーシックの手術を受けた後、メガネや度入りのコンタクトレンズは不必要になりますが、おしゃれを楽しむためのカラコンを装着したいと考える方もいるでしょう。

そこで今回は、レーシックを検討している方に向けて、レーシック後にコンタクトを使用してもいいのかどうかをお教えします。

全国のレーシックが受けられる病院・クリニック一覧はこちら

 

レーシック後にコンタクトレンズを装着できるのか

レーシックを受けた後にコンタクトレンズを装着するのは、ほとんどの場合、問題ありません。

ただし、術後すぐにコンタクトレンズを使用するのは避けましょう。

目はデリケートな状態になっています。

コンタクトレンズの装着やゴミなどの汚れが目に付着することなどが原因で、感染症を引き起こす場合があるため気を付けましょう。

 

個人差はありますが、レーシックを受けた後は、だいたい1カ月程度経過してからコンタクトレンズを装着できます。

とはいえ、なかには眼球の状態や術後のドライアイなどの理由から、使用できるコンタクトレンズの種類が限られるケースや、装着自体が難しい場合があることも把握しておいてください。

レーシックを受けた後にコンタクトレンズを使うときは、トラブルを防ぐため、自己判断せずに眼科医にきちんと相談しましょう。

 

レーシックとICLはどっちがいい?違いを比較!それぞれのメリット・デメリット

レーシックができない人って?手術の向き・不向きを知ろう

 

ベースカーブの変化に気を付ける

レーシックは、レーザーで角膜を削ってベースカーブ(角膜前面の形)を変化させることで屈折異常を矯正し、視力を回復する手術です。

そのため、手術後に手術前とは適合するコンタクトレンズのベースカーブが変わる可能性があります。

手術によりベースカーブが変わっているのにも関わらず、今までと同じコンタクトレンズを使用すると、角膜に傷がついて、感染症を引き起こすケースがあり危険です。

自分の角膜のベースカーブに合ったコンタクトレンズを見つけるため、眼科医を受診して、より安心できるカラコンを処方してもらうようにしてください。

 

レーシック手術でベースカーブが変わることは、こちらの記事でも詳しくご紹介しています。

ぜひご覧ください。

レーシック手術とは?メリットデメリットも把握しよう

 

 

レーシック後のカラコン装着は医師に相談しよう

 

いかがでしたでしょうか?

この記事を読んでいただくことで、レーシック後にコンタクトレンズを装着してもいいかどうかや注意事項がご理解いただけたと思います。

安心して手術が受けられる病院を見つけて、その後のカラコンの装着についても必ず医師に相談しましょう。

 

安心LASIKネットワークでは、レーシックを安心して受けていただけるよう、眼科専門医による正しい情報を発信しています。

また、安心してレーシックを受けていただける全国の大学病院・眼科クリニックは下記でご紹介しています。

全国のレーシックが受けられる病院・クリニック一覧はこちら

 

【経歴】
南青山アイクリニックの院長としてレーシックなどのレーザー屈折矯正手術に取り組み、症例数は16000症例を超える。22年の長期データを蓄積し、レーザー治療のプロフェッショナルである。

 

関連記事

レーシックができない人って?手術の向き・不向きを知ろう

レーシックをするとドライアイになる?納得して治療に臨むことが大切

レーシックの乱視治療とは?乱視の仕組みと治療法

お問い合わせ 安心LASIKネットワーク事務局

TEL:03-6456-4018

サイトマップ本サイトについて

PAGE TOP